本とラジオとクラゲ

ドンづまりでも絵だけは描き続けていたい

猫の毛布

入れ物が足りないから散らかる

こんばんは。

昨日スケジュールがどうのこうのと語っていたものの、今日は朝から二度寝を繰り返して昼過ぎにのろのろと起床する始末でした。

翌日何時に起床するのかという事が、実行二日目で頭の中に無い自分にさすがに嫌気がさしました。

 

さっそくネガティブになっている気がします..。

 

ということで、今日は明日の大まかな予定(朝の時間帯を特に具体的に)を立ててから眠りに就こうと思います。

 

本が先か本棚が先か

ノコノコ昼に起きてから今まで何をしていたのかと言うと、今日は本棚を部屋に運び込むためにあれやこれやと動いていました。

当初は午後に出かけて、しっくりくる本棚が見つかったら買おうかなどと考えていました。

しかし、ネットで本棚の相場や買ってからの積み込みや設置、組み立ての手間など調べれば調べるほど家具を買うという事の面倒さにやられて買い物を取りやめました。

そこで、離れの家に使ってない棚がいくらかおいてあったことをぼんやりと思い出し、あるなら買わんでもいいかという貧乏思考モードに切り替わったのであった。

 

一旦思考がこの貧乏モードに入ると、どんな外的変化が発生しても消費活動することってめったにない気がします。

 

離れを物色したところ、少々縦長なものの昔私が使っていた明るい色の棚が見つかったので、悪戦苦闘の末解体、移動組み立てを終え自身の部屋に設置。

とりあえずの達成感と満足感は得られました。

 

なぜ衝動的に本棚への欲求が爆発したのかというと、私のこれまで使っていた本棚が満杯になったからです。本が散らかってました。

ここでふと些細な疑問が。

本が発明される前から本棚はあったのでしょうか。

初めて本を棚に置いた人は何を思って置いたのでしょう。

食器棚から食器を全部取り除き、一面を本で埋め尽くしたそれは食器棚と言えるのか。

食器と本が占める割合が同等の食器棚は食器棚なのか本棚なのか。

 

棚ってすごく曖昧な存在だなと思いました。

 

入れ物に入っていないものはみんな家具

片付けのハウツー本みたいのあるじゃないですか。

個人的にあれがすごく理解不能です。

部屋が物で溢れていたり、散乱していたりして、散らかっている部屋に困っていながらなぜそんな本を買うのかと私は言いたいです。

散らかっている上でさらに一冊の本でも、物を増やしているという事を自覚すべきではないのでしょうか。

 

収納術についての心得はないのでその範囲は及ぶところではありませんが、こと片付けという問題に関してはセオリーに従いさえすれば誰でも解決できるものだと個人的に思います。

 

散らかっているという状態は言い換えれば、物が溢れているという状態であります。

物が溢れるという事は、入れ物が満杯に近いか、入れ物自体が入れにくい場所にある、そして入れ物が存在しないという事を意味します。

ですので、定期的に片づけをしてもすぐ散らかるタイプの方は、収納する入れ物が絶対的に足りていない、もしくは入れ物の位置がとても不便な位置にあるかのどちらかが散らかりやすいことの大きな原因になっていると思います。

入れ物に入れるほどじゃないけど転がっていると邪魔な小物たちはだいたい一か所に集められて、棚の上を占領することになります。

そしてその棚の上という入れ物が限界を迎えたとき、散らかりは始まるのです。

入れ物が足りてないことに気づきましょう。

使ったものをもとの位置に戻さずに、部屋が散らかってゆくタイプの人は学習能力がないので一生散らかり続ければいいと思います。

 

結論を述べると、部屋が散らかって困ってる人は、片付け本を買う前に収納ケースをいくつか買って帰るべき。

 

おしまい。猫に毛布をあげたらあったかそうな顔をして座っていました。

広告を非表示にする
シェアする